採用情報

理事長からのメッセージ

歴史と伝統を担う人材との出会いを
楽しみにしています

福祉業界はいま、人口減少や少子高齢化を背景に、人材不足という厳しい環境の中にいます。設立から半世紀を超えた偕恵園は、新たな50年に向けてスタートを切りました。これからの歴史と伝統をともに築いていく新しい仲間と出会えることを楽しみにしています。

社会福祉法人偕恵園 理事長 竹内 勇

社会福祉法人偕恵園理事長 竹内勇の写真イメージ

偕恵園は働きやすい。職員がそう感じる理由があります

職員の多くが、偕恵園は働きやすい職場だと言います。新人でも、社会人経験者でも、ながく活躍する職員、経験豊かな管理職も口にする「働きやすさ」とは…。

辻のあかり 小平

偕恵園で働くようになり、育児休暇を2回取りました。安心して子育てに専念できるなど福利厚生は充実しています。30年の経験を持つ施設長、70代の頼れるパートさんなど、女性の活躍が目に付くもの偕恵園のいいこところです。

辻のあかり 淀川

ほぼ時間通りに帰宅できるため、子どもと過ごす時間が取れます。「時間を大切にして仕事をする」習慣が、仕事を楽しむことにつながりました。20年経ってもやりたい仕事が浮かんでくるのは、働き甲斐を感じているからかもしれません。

辻のあかり 小平さん、淀川さんの写真

グループホーム「コスモス」 井上

偕恵園で働く仲間は互いに支えあっています。仕事に慣れずにどうしていいか分からない時期に、同僚や先輩職員が「みんな通っていく道だから」と理解を示し、助言をしてくれたから今の自分があります。

一生懸命に仕事に向き合っても、うまくいかないことはあります。そんな時に「最近、疲れ気味? 休みを取ったら?」って上司が言ってくれたらどうですか。私はこうした言葉かけを何度もしてもらっています。

グループホームコスモス、井上さんの写真

横浜市つたのは学園 白井

年齢や経験に関係なく、職員同士の交流が盛んだと思います。仕事の合間のちょっとした時間、あるいは業務終了後のたわいもない会話から仕事のヒントが見つかったりします。“相談”というとお互いが気負ってしまいますが、普段の会話の中で気軽に話し合える雰囲気がとても好きです。

横浜市つたのは学園 天津

若手職員の提案を「やってみたら!」と後押ししてくださる先輩職員、上司がいます。後輩職員ができた今、自分を育ててくださった皆さんから学んだことを活かしていきたいです。若手職員の企画や提案を良い意味で楽しんでサポートしてくださる職場だから、やり甲斐があります。

横浜市つたのは学園 梶原

教育実習で初めて挨拶に伺った時に、職員の方の対応がとても温かく、強く印象に残りました。こんな職場で働けたらいいなという思いで入職を希望してから4年目を迎えましたが、自分の判断は間違っていなかったと思います。どんなことも大らかに受け止めてくれる仲間と働ける毎日が楽しいです。

横浜市つたのは学園・白石さん、梶原さん、天津さんの写真

サポート偕 中西

偕恵園は職員交流が多いと思います。私はグループホームや特別養護老人ホーム、偕恵の仲間とよく意見交換をします。どの職場で誰が活躍しているか、が見える関係は良いと思います。

サポート偕 中西さんの写真

椿寿 村山

チームで介護を行っているので、何でも話し合える職場の雰囲気があり、職員全員が利用する方のことを思い、居心地の良いフロア作りをしようと同じ目標に向かって行動しているところです。また、他部署との連携・協力が密で、相談できる上司がいることも働きやすさになっています。

椿寿 村山さんの写真

偕恵シグナルはれるや 鈴木

職員同士が助け合い、支え合うことで職場のコミュニケーションを深め、施設を利用される方に喜ばれることを目指しています。休暇を取りやすく、急用などでシフトに影響が出ても理解を示してくれるのが偕恵園のいいところです。

パソコンで各拠点のその日のスケジュールを職員全員が把握できるしくみや、拠点・課ごとの会議を通じた密な情報共有、業務日誌の活用などで、どの職場でも仕事がしやすい環境です。

偕恵シグナルはれるや 鈴木さんの写真

偕恵 支援員 松本さん、福岡さん、勝俣さんの写真

偕恵 支援員 松本

どの先輩職員の方も皆さん親身になって話を聞いてくれ、食事や飲み会に誘ってくれます。職員間全体で互いに気をかける人間関係があるから偕恵園は働きやすいと思います。

偕恵 支援員 福岡

経験や年齢に関係なく、現場の大変さを知る職員の一体感が、職場のまとまりを作っています。

偕恵 支援員 勝俣

利用される方ご本人やご家族の相談にのり、関係機関の方々とも連携を取りながら、ご本人の希望に沿った生活が送れるように支援を続けていきます。偕恵園には様々な事業形態がありますが、それぞれの職場に目標としたい先輩職員がいるのは偕恵園ならではだと思います。


偕恵いわまワークス 野田弥寿人

対人援助の仕事はつねに発見があり、相手の成長とともに自分も成長することを実感しています。なので、任される仕事は何でも引き受けます。管理者はじめ職員が一丸となって風通しの良い職場を目指し、実際に実現しつ つあります。

偕恵いわまワークス 野田さんの写真

偕恵いわまワークスメテオ 持田悦功

福祉の仕事はおもしろい仕事です。知識も必要ですし、人間力も試されます。なにより創意工夫が求められます。日常生活を不自由なく過ごせるように生活を支える支援から、利用者さんの想いを叶えるために各事業所と協力して企画を立案することもあります。自分の経験や人脈によって利用者さんの生活を少しでも豊かにすることができるかもしれません。一人ひとりの利用者さんにあった支援を考えるのは簡単ではありませんが、だからこそやりがいを感じます。

偕恵いわまワークスメテオ就労継続B型事業所 生活支援員 持田悦功さんの写真

偕恵いわまワークスメテオ 斧 清人

ベーカリー、喫茶店などのフロアリーダーを任されています。利用者の方といろいろな話をし、気持ちを伝えて、コミュニケーションを図って、アットホームな中で仕事ができています。パンを作って販売し、売れる喜びが一日の中にあることが何よりです。


偕恵いわまワークスぷらねっと 飯室和花奈

偕恵園は地域の方との交流を大切にしています。施設内だけではなく、地域の方と関わる事で、人の優しさに触れ、ともに生きることの大切さを学ぶことができます。

偕偕恵いわまワークスぷらねっと 飯室さんと利用者の写真

偕恵いわまワークスぷらねっと
飯室さんと利用者

偕恵いわまワークスぷらねっと 竹内明子

Tシャツやトートバッグの印刷を担当、完成した時は達成感があります。職員間の会話が多く、チームワークが良いところが自分に合っていると思います。さまざまなイベント・行事を通じて地域の方に温かく見守っていただいているのも魅力です。

偕恵いわまワークスぷらねっと 竹内さんと利用者の写真

偕恵いわまワークスぷらねっと
竹内さんと利用者

偕恵いわまワークスグループホーム「そらまめ」 小西 薫

グループホームで生活されている入居者の方はみな気持ちが優しく、互いに和 やかでいることの大切さを気づかせてくれます。日々仕事をする中で感じるの は、そういった入居者からの教えと、日頃から職員同士の仲が良く、助け合って いることです。

偕恵いわまワークスグループホーム そらまめ 小西さんと利用者の写真

偕恵いわまワークスグループホーム「そらまめ」 小西さんと利用者

偕恵園でのキャリアステップ

5拠点・14施設が職員のキャリアステップの場となる偕恵園。様々な福祉の現場を通じて仕事の経験を積むことができます。

詳しくは、就職説明会などの場でお問い合わせください。

エントリーフォーム・お問い合わせ

エントリーはこちらからどうぞ。

※リンクバナーをクリックすると別ウインドウで開きます。

© 2012-2019 Kaikeien

ページのトップへ戻る